埼玉県所沢市|ホームページ制作・ECサイト制作・SEO対策・チラシ制作・Wordpressセミナー|amour(アムール)

ECサイト制作

 

ECサイト(自社)とは?

ECサイト

ECサイト(イーシーサイト)とは、自社の商品(広義では他社の商品)やサービスを、
インターネット上に置いた独自運営のウェブサイトで販売するサイトのことを言います。

ECサイトの種類

「wix」や「jimdo」にも、ショッピングカート機能がついておりますが、その場合、容量が大きくなる為、高いプランに変更しなければなりません。簡単な作業で、ご自身でホームページを作成できるという面では良いですが、プランが高くなります。

低コストで、本格的なホームページを作成したい方に向けて、私なりに良いと思ったプランをお伝えします。私の中で、一番低コストで、効率良いと思うECサイトの作成方法は、WordPress+BASEです。

WordPressに、BASEのカートを貼りつける事によって、WordpressのSEO効果と、BASEにも掲載されますので、売れやすくなります。他にも様々な方法があります。ご相談ください。

Amazon、ヤフーショッピングなどの有名なサーバーの中で、インターネットを通じて
商品を販売したい方は、「オンラインショップ制作」のページをご覧ください。

ECサイトに必要な資格や届け出

古物商許可

ショップで扱う商材について、必ず事前に確認しておくべきことがあります。それは許認可の問題。商品によっては勝手に販売できないものもあります。たとえば、国内の商材であれば食品や中古品、酒類、ペット、危険物などです。お酒の販売の場合、一般酒類小売業の免許と、ネットで販売するための「酒類の通販の免許」が必要です。

つまり一度でも使用されたか、使用されていなくても売買や譲渡が行われたもの(一般的には「新古品」などと言います)が、この許可の対象物です。古物をメンテナンスして新しく見せかけても同じです。販売目的で商品を購入し、販売する場合に必要です。事前に調べて許可が必要なものに関しては、警察署で許可を取得してからネット販売をして下さいね。

古物商許可証の手続き

古物商プレート

販売目的で商品を購入し、販売する際には、古物商許可が必要となります。

古物商プレートも必ず必要です。不意打ちで警察の方が見える範囲に設置しているかの確認をしに来る場合が、あります。その際に、古物商プレートがなかった場合、罰金か逮捕だったと思います。

食品や中古品、酒類、ペット、危険物を販売する場合に、古物商許可が必要となります。

・私も古物商許可を取得していますが、警察の方に、「管理者がご自身の場合は、古物商許可+ECサイトのURLが必要ですけど、例えばyahooショッピングなどが管理者の場合は、ECサイトのURLの届け出はいらない」と言ってました。

・古物商許可は、盗難があった場合に、どこから仕入れたのかを記帳する義務があります。仕入れ先が業者の場合は、記帳は不要ですが、個人の方から仕入れた場合は、氏名、住所、金額などの記帳が必ず必要となります。記帳が無かった場合は、罰金か逮捕だったと思います。

料金比較

比較表を見て分かる通り、どのホームページでECサイトを作成するかによって、金額が異なります。

項目jimdowixWordpress
サーバー代¥945円/ 月¥1,641円/ 月¥515円/ 月
独自ドメイン代¥1,620 / 月¥2,100 / 月¥1,852 / 年

レンタルサーバーの比較

どこのレンタルサーバーにするか、ご検討下さい。

項目ロリポップさくらインターネット
Wordpressインストール¥500円/月¥515円/月
独自ドメイン取得(URL)¥1,280円/年¥1,852円/年

新規・フルリニューアルプラン

※全ての料金に関しましては、税別価格で表記してあります。

※別途サーバーやドメインの維持費用が発生します。

コース格安カートS
35,000円/初回作成料
格安カートM
80,000円/初回作成料
WordPressプランS
129,000円/初回作成料
WordPressプランM
230,000円/初回作成料
運用+保持+管理
(※弊社で作成した方)
0円/月額10,000円/月額0円/月額10,000円/月額
ページ数5P5P5P10P
ショッピングカート
商品掲載10商品10商品10商品
SEO対策
SNS連動
ブログの更新
(お客様の方で可能)
5,000円/1P5,000円/1P16,000円/1P16,000円/1P
ヘッダー画像
(1個作成)
独自ドメイン
(※年間利用料別途)
完成後の変更
(文章+画像差替え)
5,000円/1P3,000円/1P8,000円/1P0円/月2回
1ページ追加5,000円/1P5,000円/1P16,000円/1P16,000円/1P
1ページ追加
(※文章や写真提出)
3,000円/1P3,000円/1P10,000円/1P10,000円/1P
WEBサイト全般の
アドバイス
更新方法の説明5,000円/1回5,000円/1回5,000円/1回
ワードプレス1日セミナー30,000円/資料付き30,000円資料付き

※上記に記載されていない作業につきましても、お気軽にお問い合わせ下さい。
※価格は2020年現在の「税抜」価格です。別途、消費税がかかります。また、上記価格は予告なく変更される場合があります。

ワードプレスの安全管理について

最近、ワードプレスの脆弱性を狙ったり、外部からの攻撃でサイトが改ざんされてしまう事件がニュースになっています。WordPressは誰でもダウンロードし利用することが出来るソフトウェアで、オープンソースで開発が進められているため、無料で使うことができます。その反面、仮に何かしらのトラブルがあった際には責任を全て自分で負わなければなりません。もし、Webサイトに悪意のある外部ユーザーが侵入した場合、勝手に内容が書き変わってしまったり、きちんと表示できなくなったりすることがあります。

頻繁にダッシュボードに通知されるアップデートのお知らせを見るたびに、安全性を考慮して、「すぐにアップデート」ボタンを押してみようと思ってはみても、「もしアップデートしたことで不具合がおきたら・・・」と考えて躊躇してしまう方は多いのではないでしょうか。万が一、今まで書きためて来た更新データが、全て消えてしまったら・・・?何も対策をとらないままで、元通りに復旧するのは、至難の業といっていいでしょう。

弊社の保守管理サポート

定期的にデータベースとサイト内の全ファイルをバックアップします。
バージョンアップによって生じる、プラグインの不具合を改善します。

上記を行なっておく事で、万が一サイトに不具合が起こった場合でも、以前の状態に戻せるように予め対策をとることができます。ただし、保守管理サポートは、あくまでサイトを安全に運営していくためのアップデートとバックアップの作業であり、実際に何か問題があったときは対処しかねます。予めご了承願います。

オプション料金

※全ての料金に関しましては、税抜き価格で表記してあります。

項目費用詳細
バナー画像などのデザイン作成(1つにつき)5,500円~バナー画像、看板作成(ヘッダー)など
Googleマップの設置3,000円ウェブサイトにマップを設置します。
写真修正、リサイズ(1枚につき)5,500円写真の一部分の修正のみ
スライド作成(5枚まで)50,000円デザイン作成+設置
SNSの設置(Twitter、Facebookなど)5,000円SNSの設定+設置(1つにつき)
SEO対策(内部・外部)10,000円1つの設定につき
SEO対策を元に構成の修正(内部)5,000円1Pにつき
プラグインの追加と設定5,000円1つのプラグインを追加して設定します。
子テーマ作成5,000円データが無くならないよう子テーマを作成します。
テーマのカスタマイズ10,000円テーマを設定し、カスタマイズします。
CMS導入156,000円~Wordpressの導入+設定
打ち合わせ料5,000円基本的に、メールや電話でのやり取りをしているため、
2回目以降の打ち合わせは、別途料金がかかります。
※子テーマとは・・・テーマに機能などが追加されたりするとアップデートを行います。親テーマは、アップデートが行われると、親テーマに施されたカスタマイズはお構いなしに、すべてのファイルが上書きされ、カスタマイズはなかったことになってしまいます。それを防ぐための対策が「子テーマ」になります。

格安制作のテンプレート

全ての業種に合わせて数百種類のテンプレート(のひな形)からお選び頂き、
レイアウトはそのまま利用し、サイト名、掲載文章、必要最小限の画像を
お客様よりご提供頂きページを制作いたします。

テンプレート一覧はこちらから

 

 

 

WordPressのテンプレート

お好みのテンプレートを選び、テンプレート名をお伝えください。
※テンプレートに沿って作成する為、レイアウト(基本配置)の変更はしておりません。

https://ja.wordpress.org/themes/browse/popular/

テンプレ

テンプレ

 

 

テンプレートの構造(CSS)

テンプレートとは、写真のようなレイアウト構造で作成されています。「ヘッダー、フッター、レフトナビ」の部分を1から、「HTML、CSS、PHP」で作成するとなると、時間や金額が大幅にかかってしまいますが、「WordPressの無料テーマ」を設置することによって、時間や料金の削減となります。ご希望のテーマを選択して頂き、テーマの設定をしてから、メイン部分の文章や写真などの情報を埋め込んで作成していきます。

ヘッダーフッターレフトナビ

①ヘッダには、看板が入ります。
②レフトナビには、カテゴリ、目立たせたい商材。
③メインに、文章や写真などを入れ作成。
④フッターには、メニュー、お客様情報を入れます。

※「レフトナビ部分の写真を変更したい」等の説明をして頂けると、スムーズに作成や編集を行えます。

ご注文・お問い合わせ

格安カートS格安カートMWordPressプランSWordPressプランM

友だち追加