ホームページ制作・ECサイト制作・Wordpressセミナーや勉強会も開催中!

Blog

Googleアナリティクスの登録・トラッキングコード取得方法

Googleアナリティクスとは いわゆる「アクセス解析」のことです。何人がホームページに訪問してくれているのか、どのページが人気なのか、何時にどの地域で、何というキーワードで見たのか、などなど、一目で、たくさんの詳細が分かります。 アクセスを上げる為の必需品です。SEO対策の結果が出るまでに、6ヶ月は様子を見た方が良いです。ホームージのSEOが下がったりする場合がありますので、ホームページを開設してから、半年くらい経って、アクセスの伸びが悪い場合のみ、文章の修正、ページの改善、SEO対策のキーワード変更をオススメします。 Googleアナリティクスの登録ステップはたった3ステップ! Googleアナリティクスの登録はとても簡単です。 アカウントの作成 Googleアナリティクスへの申込・入力項目 トラッキングコードの設定 の、たった3ステップで完了です。 以下の説明を読みながら登録していきましょう! 【ステップ1】アカウントの作成 「Googleアナリティクスのアカウント」をまず作成します。 Googleアナリティクスへアクセスし、Googleアカウントでログインしましょう。 Googleアカウントをお持ちでない方は、アカウントを作成してください。 ※アカウントをお持ちの方は、ログインしてください。 【ステップ2】Googleアナリティクスへの申込・入力項目 ログインをし、「お申込み」ボタンをクリックします。 新しいアカウントの入力画面に移りますので、情報を入力します。 すべての入力が終了したら、「トラッキングIDを取得」ボタンをクリックします。 「Googleアナリティクス利用規約」画面に移るので、確認したら「同意する」をクリックし、登録完了です! 【ステップ3】トラッキングコードの設定 利用規約に同意すると、トラッキングコードの画面へ移ります。 トラッキングコードをコピーし、導入するWebサイトに設定しましょう! トラッキングコードの設置は、コピー&ペーストで終わります。 これで以上となります。 いかがでしたでしょうか?簡単だと思います。 WEBサイトに貼り付け、完了後もアクセス解析を行い、アクセス数が少ないページは、修正するなどの改善を行っていくことをオススメします。 お問い合わせ お気軽にLINEにて、お問い合わせください。 ... Read More | Share it now!

アナリティクス

特定商取引法とプライバシーポリシーの表記について

特定商取引法とは 特定商取引法とは「取引の公正性と消費者被害の防止を図るための法律」と言います。ホームページにショッピングカートをつけて、ネットショップ(ECサイト)をする場合、ホームページに「特定商取引法」のページを作成し、定められた項目を必ず表記する義務があります。訪問販売やマルチ商法など販売業者と消費者とのトラブルが増加し始め、改善するために設けられた法律が基礎となっているそうです。商品の売買において販売者を明示することで商品の流通や提供を明確化していくためのものになります。 特定商取引法を表記する理由 購入者に安心して買い物をしてもらうための表記となり、ネット通販においても「特定商取引法に基づく表記」の表記義務が法律で求められています。お客様の立場からすると、顔の見えない人から商品を購入する不安を軽減するための表記と言えます。自分が購入者の立場に立ったとしても、きちんと情報を開示してくれているショップのほうが信頼感を抱くのではないでしょうか。 特定商取引法を表記の書き方 特定商取引法には以下の項目を記入する必要があります。 1.事業者名 2.所在地 3.連絡先 4.商品等の販売価格 5.送料などの商品代金以外の付帯費用 6.代金の支払時期 7.代金の支払方法 8.商品等の引き渡し時期 9.返品の可否と条件 「特定商取引法に基づく表記」という... Read More | Share it now!

プライバシーポリシー

SNS連携に役立つWordPressプラグイン3選

ホームページは、作って終わりではなく、SNSなどで拡散することが重要となります。最もSNSに登録が多いのが、「Facebook」「インスタグラム」「Twitter」になります。WordpressとSNSを連携をして、たくさん拡散してアクセスを増やすことをオススメします。それでは、SNS連携に役立つWordPressプラグインを紹介します。 WPプラグインの数は最小限に抑える WPプラグインのインストールが、あまりにも多いとWPプラグイン同士が影響し合い、エラーが発生したり、ページ表示が遅くなる原因になることがありますので、本当に必要なプラグインだけを利用してください。(20個以内) バックアップを必ず取る WPプラグインをインストールする前に、WordPressのデータベースを必ずバックアップして下さい。WPプラグインにエラーが発生する場合がありますし、データがなくならないように、毎回必ずバックアップを取ることをオススメします。 AddToAny... Read More | Share it now!

facebook

ホームページによってSEO対策(検索エンジン)の強弱が決まる!

意外と皆さん知らないと思いますが、作るホームページによってSEO対策(検索エンジン)の強弱があります。説明に入る前に、SEO対策とは何かをご説明いたします。 SEO対策(検索エンジン)とは? SEO対策とは、Search... Read More | Share it now!

SEO

ECサイトをご検討の方へ

ECサイト(イーシーサイト)とは、自社の商品(広義では他社の商品)やサービスを、インターネット上に置いた独自運営のウェブサイトで販売するサイトのことを言います。Amazon、ヤフーショッピングなどの有名なサーバーの中で、インターネットを通じて商品を販売したい方は、「オンラインショップ制作」のページをご覧ください。   ECサイトを開業するために必要な資格や届け出・許可・手続き オンラインショップで扱う商材について、必ず事前に確認しておくべきことがあります。それは許認可の問題。 商品によっては勝手に販売できないものもあります。たとえば、国内の商材であれば食品や中古品、酒類、ペット、危険物などです。 お酒の販売の場合、一般酒類小売業の免許と、ネットで販売するための「酒類の通販の免許」が必要です。 つまり一度でも使用されたか、使用されていなくても売買や譲渡が行われたもの(一般的には「新古品」などと言います)がこの許可の対象物です。古物をメンテナンスして新しく見せかけても同じです。事前に調べて許可が必要なものに関しては、警察署で許可を取得してからネット販売をして下さいね。 ECサイトの種類 jimdo、wix、Wordpressなどのホームページにショッピングカートを設置して販売したいと言う方がほとんどだと思いますが、デメリットがあります。これから詳しく説明いたしますね。 デメリット(料金) 下記の表を見て分かる通り、どのホームページでECサイトを作成するかによって、金額が異なります。ホームページの作成も外注にお願いする場合は、作成費や管理費などもかかってきます。どのホームページにするかを、よくお考えになってから、外注にお願いすることをオススメします。 ホームページ作成のみ弊社にお願いし、ショッピングカートの部分は、お客様ご自身で作成なさる場合は、格安ホームページ制作、または、Wordpressホームページ制作のHP制作料金となります。 弊社からのアドバイス 例えば、ご自身でホームページを作成して、コスト削減したとしても、ショッピングカート代が高くついてしまいます。しかし、ホームページに、FC2ショッピングカート(無料)、BASE(無料)、カラーミーショップ(月900円)、yahooショッピング(無料)を設置することによって、コスト削減できます。色々とお話しを致しましたが、どのようなECサイトにするのかを、ご検討する際の参考になれば幸いです。 古物商許可について ... Read More | Share it now!

ECサイト

SEOに効くGoogleウェブマスターツール

ウェブマスターツールとは? ウェブマスターツールとはGoogleが公式に提供する無料のサイト改善ツールで、WebサイトがGoogleからどのような状態に見えているか、を教えてくれます。 Googleアナリティクスなどのアクセス解析ツールでは、サイトへのユーザーのアクセス状況などは分かりますが、WebサイトがGoogleにどう見られているかを知ることはできません。 ペナルティなどの重大な問題点、HTMLタグの状況やGoogle検索結果上でのクリック状況、Googleのクローラーが発見したURLエラーなど、普通はGoogleしか知らないような情報を知ることができるのは、ウェブマスターツールだけです。この記事を通して、ウェブマスターツールでSEOの課題発見ができるようになりましょう。 使い方や機能を詳しく知りたい方は、こちらから参照してください。 関連記事 ... Read More | Share it now!

Googleウェブマスターツール

WordPressとFacebookの連携方法

WordpressとFacebookの連携方法 WordpressにFacebookを連携させるには、アプリIDの取得と、Facebookタイムライン埋め込みなどが必要となります。メモとして調べたURLを貼りつけておきますので、参考にして下さい。 ■FacebookアプリIDの取得方法と確認方法 ■Facebook管理者IDの確認はこちらから ■Facebookタイムライン埋め込み方法 ■SNS連携に役立つWordPressプラグイン3選 関連記事 ... Read More | Share it now!

Facebook

SEO対策とは?

SEO対策(上位表示) SEO対策とは、Search Engine... Read More | Share it now!

SEO

記事やページが404エラーで表示されない対処法

記事やページが404エラーで表示されない WordPressでテンプレート構成中や、 アップデートをしたら突然固定ページや記事が 404 Not... Read More | Share it now!

サーバーとは?

サーバーとは? ホームページは作っただけでは、まだあなたのパソコンだけでしか⾒ることができません。サーバーというところに作ったページを置いておくことで、他の誰かからはじめて⾒ることができる状態になるんですね。つまり、サーバーを持っていないと、ホームページを公開できないんです。 まず、サーバーには、無料でレンタルできるものがあります。いわゆる「無料サーバー」というものです。普通のホームページを公開するには、性能や容量の少なさを気にしないなら⼤丈夫です。ただし、無料サーバーをレンタルする際には、注意しなくてはならないことがあります。それは、⼀⽣懸命作ったあなたのホームページに、ガッツリ、怪しげな広告が⼊るということです。 広告が嫌な場合は、お⾦を払って、「有料のレンタルサーバー」を借りる⽅法。これは、まあ、お⾦を払っても良いというのなら、やっぱりベストですよね。会社やお店のホームページを作ろう、と思うのなら、... Read More | Share it now!

サーバー
1 2 »
PAGETOP
Copyright © ホームページ制作 amour(アムール) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.