個人・中小企業向け|ホームページ制作・デザイン制作・セミナー|amour(アムール)

「Push7」WEBプッシュ通知サービスをWordPressに導入する方法

Webプッシュ通知を5分で導入-効果を求めるならPush7_

 

ホームページやブログを更新した際に、購読者にプッシュ通知を発信できるWEBサービス「Push7」を実際に使ってみたので、忘れないようにメモしておきます。そして、シェアします。

ホームページを拡散するために、SNS、メルマガ、広告などを利用する場合が多いと思いますが、プッシュ通知「Push7」は、他と比べて目に入りやすく、クリックもされやすい傾向にありますので、導入をオススメします。

WEBサービス「Push7」とは?

無料で導入できるWebサービスです。プッシュ通知とは、Googleなどのブラウザ上に表示される通知のことです。「購読」ボタンをクリックするとそのページがすぐに開きます。

 

Webプッシュ通知を5分で導入-効果を求めるならPush7_

無料プランでは、通知できる件数が上限5000件という制限はあるものの、十分使えると思います。詳しいプラン内容については、公式サイトをご覧ください。

「Push7」を導入する方法

  1. 新規の仮アカウントを作成(メールアドレス・パスワードを登録するのみ)
  2. 登録したメールアドレスに送られてきたメールのURLから「本登録」する
  3. ログインして、新規アプリケーションを作成する
  4. WordPress側で専用のプラグインを「有効化&設定」する
  5. ユーザーにどのように「購読」を促すかを設定する

アカウントを新規作成する

Webプッシュ通知を5分で導入-効果を求めるならPush7_

公式ページからアカウントを作成しましょう。

 

Push7新規登録

届いたメールのURLをクリックして、本登録

 

【Push7からのご連絡】Push7への本登録のご案内

ログインします

 

ログインします

新規アプリケーションを作成する

 

新規アプリケーションを作成する

 

「新規アプリケーション」をクリックします。

 

Wordpressと連携する

 

設定する項目は以下の通りです。

  • アプリケーション名(サイト名)
  • URL(ホームページのURL)
  • アイコン(ダイアログに表示される画像)
  • カテゴリ(ホームページのカテゴリー)
  • アプリケーションURL(クリックするURL)

WordPressと連携する

 

Wordpressと連携する

 

WordPress連携→「設定」をクリックします。

画面に表示されている「App Number・API Key」をコピーしてWordPress側に入力します。

 

App Number・API Keyをコピー

 

WordPressサイトにログインし、プラグインの「新規追加」で「Push7」と検索してインストールして、有効化してください。

 

ラグインの「新規追加」で「Push7」と検索してインストールして、有効化

 

「設定」を開き、先ほどの「App Number・API Key」をコピーして貼り付けます。

 

「App Number・API Key」をコピーして貼り付けます。

 

これで、WordPressとPush7の連携は完了です。お疲れ様でした。

購読をどのように促すかを設定します

 

ボタンの設定

記事やページ内に「購読ボタン」を設置できます。ボタンに表示する文言や、購読者数を表示するかどうかを設定できます。

 

ボタンの設定

 

コピーしたものをWordpressのホームページに貼り付けます。

 

BOXの設定

導入設定→「BOXの設定」をクリックし、情報を入力して「設定を保存」をクリックして完了です。設定が反映されるまでに、30分程かかるそうです。

 

ホームページに「購読」のダイアログが表示されました。

 

 

「購読する」をクリックすると、このように通知がきます。

 

まとめ

プッシュ通知「Push7」は、他と比べて目に入りやすく、クリックもされやすい傾向にありますので、導入する事をオススメします。

投稿者プロフィール

amour
amour
お客様目線、閲覧者目線から考え、何がベストかをご提案するのが、”アムール”です。今やホームページというものを開設する方法は様々ある中で、デザインや機能はもちろん、ご予算や運用方法などを考えた場合に、どの方法どの組み合わせがお客様のご希望に添えるのか、一番良い方法をご提案し、効果的なホームページをコーディネートします。