個人・中小企業向け|ホームページ制作・SEO対策・チラシ制作・Wordpressセミナー|amour(アムール)

SEO対策に最適なヘッダーの基本

ホームページの基本構造

 

ホームページのヘッダー部分は、店舗でいうと「看板」部分になります。訪問者がサイトを開いて3秒で、ホームページを閉じるか、気になってサイトを見てくれるか。という重要な部分になります。ECサイト(商品販売)の売上や、企業の売上にも関わってきますので、下記の内容が重要となります。

①凝った見た目だけのサイトにせず、伝えたい情報よりも、閲覧者の求めている内容にする。

②閲覧者の問題が解決しそうだと思うような文章や内容にする。

③興味を引くような「キャッチコピー」にする。

 

興味を惹く

  • amour-header

閲覧者の求めている文章をヘッダーに書くことが重要となります。そして、見た目も重要になります。最近定番となっている「動画やスライドショー」を設定することによって、こちら側が伝えたい情報と、閲覧者の興味を惹く情報で、興味を惹いてもらえます。

その際に注意していただきたいのが、スライドショーを何枚も設定しているサイトを良く見かけますが、たくさん設置することによって、ホームページを開いた際に読み込む速度が重くなり、ページを開くまでに時間がかかってしまいます。せっかく素敵なホームページを作成したとしても、なかなかページが開かないようなサイトですと、閲覧者が閉じてしまう可能性が高くなります。ですので、スライドショーは、3枚~5枚までにしてくださいね。

 

閲覧者の目的を解消される文章を書く

ヘッダー

 

例えば、ダイエットについて、閲覧者が検索をして、あなたのサイトにたどり着いたとします。その際に気になるのは、「痩せる、ダイエット」などの文字と写真があれば、ホームページを開いてすぐに、何のホームページなのか伝わりますよね。そうすることによって、ホームページの離脱(サイトを閉じる確率)が減ります。そして、そのホームページ内で解決できるんではないかと連想させるような文章があれば、興味を持ってスクロールしてホームページを見てもらえます。そのくらい「ヘッダー」は大事な部分となります。

 

ヘッダーのキーワードを書き出す

閲覧者の目的を解消される文章を書く

Googleなどで検索をする際に、どのようなキーワードで検索するのかを想像してみてください。そして、ノートに書き出してみてください。ダイエットの場合で書き出してみますね。

・ダイエット

・痩せる

・スリム

・サプリメント

・体重減少

・ウエスト減少…

などのように書き出してみてください。

 

キーワードを文章にする

キーワードを文章にする

メインコピー(例):痩せたい、ダイエットしたい女性向けサイト|サイト名

サブコピー(例)サプリを1に1粒飲むだけで、体重の減少、ウエスト減少に成功!

※メインコピーで使用していないキーワードをサブコピーに使用すると尚良い。

 

文字の大きさ、文章量を調節する

文字の大きさ、文章量を調節する

どんなホームページなのかを分かりやすく、シンプルで伝わりやすい文章が必須となります。キーワードを詰め込み過ぎないように気を付けてください。

ホームページのタイトル:24~30文字以内

ホームページの詳細説明(ディスクリプション)80~110文字

文字数カウント:http://www1.odn.ne.jp/megukuma/count.htm

 

PCやスマホからバランスを確認する

PCやスマホからバランスを確認する

PCから見て、タイトルや説明文(ディスクリプション)のバランスが整っても、スマホやタブレットから見たら、キャッチコピーの文章が変な所で区切れて、2段目になっていたりしますので、色々な端末からバランスを見て、文章量を考えてください。長すぎるのも良くないので、フォントの大きさや文章量を調節して見やすくしてください。

ヘッダーのデザイン(ビジュアル)

ヘッダーのデザイン

最後に、ヘッダーのビジュアルです。ホームページは開いて3秒で、ホームページを閉じるか、閲覧してくれるかが決まりますので、開いてすぐに何のホームページなのかが分かるように、画像を加工して分かりやすくすることが重要となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ホームページには、様々な決まりごと(サイトの基本構成、SEO対策)があり、それに沿って作成をしないと、評価が下がって検索順位に影響します。例えばTシャツを着て靴下を履いているのに、ズボンがなかったら、おかしいですよね?例えがおかしいですが、ホームページの世界にも、決まった形がありますので、決まった形に添って作成をすることが重要です。

そして、キレイなホームページにしよう。凝ったホームページにしよう。とデザインにばかりに目を向けてホームページを作っても、閲覧者が見づらいと思ってしまったら、他の見やすいページを探そう。という気持ちになりませんか?また、写真などが少なく、文章ばかりのホームページも、読もうという気持ちになりませんよね?そして、ホームページに書いてある全ての文章は読まないですよね?

閲覧者目線で作成をし、閲覧者が求めていることが書いてあり、問題が解決できるか。ECサイトの場合なら、効果ありそうな商品だと思ってもらえるか。などが一番重要となります。世の中には、数多くのホームページがありますが、自分が伝えたい情報を詰め込み、凝ったデザインばかりのホームページを作成して、お問い合わせが一度も来たことがない!閲覧数が少ない!などの声をよく耳にします。閲覧者が求めている情報が分かりやすく書いてあることによって、閲覧数が増えて、検索上位表示(SEO対策)されやすくなります。

十二指腸潰瘍、金属アレルギー、日光アレルギーが「腸内環境の整えと食事改善で克服されました。

投稿者プロフィール

amour
amour
お客様目線、閲覧者目線から考え、何がベストかをご提案するのが、”アムール”です。今やホームページというものを開設する方法は様々ある中で、デザインや機能はもちろん、ご予算や運用方法などを考えた場合に、どの方法どの組み合わせがお客様のご希望に添えるのか、一番良い方法をご提案し、効果的なホームページをコーディネートします。